ITパスポートとは?

ITパスポート合格講座!ここで全てがわかる

ITパスポートとは、新試験制度に伴い、初級シスアドが廃止され、それに変わる国家資格として誕生しました。

その目的は、社会人はもとより、社会人予備軍である学生の方にも、ITの基礎知識を身に付け、IT社会で十分に活躍してもらえる能力を磨いてもうらことにあります。
それは社会的背景を考えれば、必要不可欠なものになってくるはずです。

現在企業でパソコンを使って仕事をするのは当たり前の時代で、今やパソコンなくして、仕事は行なわれません。
そのため、パソコンを使える事はその人の付加価値になるのではなく、使えて当たり前の時代なのです。

また、パソコンは会社だけに限ったことではなく、各家庭でも当たり前のように使われています。
何かの情報を調べる事はもとより、今や日用品などの買い物もパソコンを使う時代です。

つまり、現代社会に置いて、パソコンは使えて当たり前の時代になり、これからその傾向はますます強くなっていきます。
言うならば、社会人として生きていくために、「読み、書き、計算」は当然の能力ですが、それに加えIT力が必要な要素になるのです。

パソコンは必要最低限のスキル

ITパスポートの勉強をすれば、最低限の基礎知識を身に付けることが出来ます。

一見ITと言われれば、専門のエンジニアが学ぶ事のように感じますが、ITパスポートではあくまでもIT基礎知識のみです。

そのための冒頭で説明したように社会人や学生はもとより、家庭の主婦でも役に立つ内容になっています。
というよりも、職業や属性に関係なく、これからの現代社会を生き抜いていくため国民全てが対象になるといっても過言ではありません。

現在あなたがどのような状況にしろ、このITパスポートの勉強をして、絶対に損はありません。

このITと言う知識が、社会で生きていくための必須条件となる日はそう遠くないと感じます。

フォーサイトITパスポート