ITパスポートを独学で勉強した場合の現実!知りたい講座

投稿者: | 2020年3月16日

ITパスポートを独学で勉強した場合の現実!知りたい講座

独学で合格が狙いやすい資格です

あまり聞きなれない資格のITパスポート。
このサイトに訪れた皆さんは、もちろんITパスポートという資格をご存知だと思います。
目的は、ITの基礎的な知識を身に付けて、仕事の幅を広げたいと思う方や、これからの時代ITを使いこなせないといけないので、とりあえず取得を目指す方などそれぞれです。

ただ、実際にどのように勉強したら良いのか迷われている方も多いのではないでしょうか?

ITパスポートの試験は独学で勉強される方が多い国家資格です。
それは、まだ出来て間もないと資格なので、合格率が比較的高いのが原因でしょう!

しかし、ITパスポートの試験は、独学でも合格できる試験ではありますが、短期合格を狙うと考えれば、独学という勉強法は向きません。

実際に勉強した方ならわかると思いますが、ITパスポートは独特の専門用語が多く、「ハッシュ化」、「認証局」、「アローダイアグラム」など独学では、中々イメージできないことが多々出てきます。

また、ITというのはその単体の用語だけではなく、全てを体系的に覚えていけなければいけないので、勉強するのが厄介な側面もあります。
こうしたことを考えると、一概に独学で勉強することをおすすめできないというのが本音です。

もちろん途中でITパスポートに独学で合格する自信がなければ、他の勉強法に変えても良いと思います。

どちらの勉強法にせよ、このサイトでは短期合格を目指すために知らなければいけないことを伝えていきますので、最後までお付き合い下さい。
きっと合格するためのコツを掴めると思います。

ITパスポートを独学で勉強する方が理解していない本当の意味

ITパスポートの勉強を独学で行なう方は沢山います。多分一番多い学習スタイルが独学でしょう!

しかし、独学で勉強する本当の意味を理解している人は少ないと感じます。

ところで、ITパスポートの勉強を独学でした場合、一番のデメリットは何だかわかりますか?

「合格するのが難しくなる」「勉強がわからなくなる」「参考書や問題集を自分で選ばなくてはいけない」など、いろいろな声が上がってきているのがわかります。
確かにどの理由も間違いではありません。

しかし、もっと簡単にいってしまえば、勉強量が必要になる、
つまり時間がかかると言う事です。

それが独学で勉強した場合の本質です。

しかし、そのことを理解しないでITパスポートを独学で勉強する人が非常に多いのです。
その上、出来るだけ時間を犠牲にしたくないとなります。

そして、このような人は、挫折するか、不合格になるかの道を歩んで行きます。

独学のデメリットを理解した上で勉強方法を決めましょう

ここでITパスポートの試験を独学で勉強する方はしっかりと考えて下さい。

例えば、あなたが毎日仕事で帰りが遅く、とても勉強している時間がなかった場合、独学で勉強すればどうでしょうか?
多分ITパスポートに合格できません。

というよりも、不合格になるならまだましで、途中で挫折してしまいます。

また、自分の性格を考えて、楽しい時間やリラックスする時間をなくしてまで、何ヶ月も勉強する自信はあるでしょうか!

もし、これらのことが出来ないと言うのなら、独学で勉強することは諦めて下さい。
独学で勉強しようと思う時間すら無駄になります。

ですが、毎日勉強しても苦にならないと思えば独学で勉強しても良いと思います。
最終的には、独学のデメリットを理解して、自分に問いかけて決めて下さい。

短時間でITパスポートに合格できる今話題の勉強法?