• ダブルライセンスでビジネスチャンスの拡大

どんな分野にも活きる「ITパスポート」で可能性がぐんと広がります

今やどんな業界においても必ず求められるITの知識。そのスキルレベルの証明ともなるITパスポート試験は、合格すればそれだけでビジネス上、評価されることは間違いありません。
しかしながら、実務の現場においてはどこでも、ITの知識は「目的」としてではなく「手段」として活用することが望まれるものです。
よって、希望の職で真のビジネスパーソンとして活躍するためには、ITパスポート試験合格の実績に加え、その他の専門知識を備えておくことが必要になると言えるのではないでしょうか。
そういった意味ではITパスポート試験合格に加え、他資格とのダブルライセンスの取得をしておくのが理想的であると言えるのです。

 幸い、ITパスポート試験で習得する知識というのは、どんな職種においても活かされます。よって、ダブルライセンスを考える上でしばしば問題になる「相性」についてはさほど深刻になる必要はないでしょう。まずはご自身がどんな仕事で活躍したいのか、やりたいことは何かを中心に考えてみるのが得策です。

 もっとも、どんなに実務の現場で活躍したいからと言っても、必ずしも「資格」という形にこだわる必要はないのかもしれません。実務経験や資格のとらわれないノウハウ、スキルなど、業界によっては仕事上、資格よりも重視される要素があるかもしれません。 過度に資格にこだわっていては、視野が狭まってしまう可能性もあります。「資格」はあくまで能力を外に示す道具の一つであって、絶対的なものではないことも覚えておきましょう。

本サイトでは、ITパスポート試験とのダブルライセンスの具体的な例として「行政書士」と「簿記」の2つの資格をご紹介しています。ITパスポートに加え、何か別のスキルを習得したいという方は、ぜひ参考になさってみて下さい。