• 初級シスアド試験からパワーアップ

ITパスポート試験は、旧「初級シスアド試験」と入れ替わりで登場しましたが、前の試験より改善された点が多いです

ITパスポート試験は、2009年から開始された試験で歴史の浅い資格です。しかし、突如として登場したわけではありません。ITパスポートは、それまで実施されていた「初級シスアド」試験がなくなる代わりに制定されたのです。

初級シスアド試験は、「初級システムアドミニストレータ」という名称の略です。初級と文頭についていますが、この上には「上級シスアド」という試験がかつて存在しました。「ワンランク上の試験を受ける前のステップアップのために存在する」という意味では、現在のITパスポート試験と共通しています。しかし上級シスアドは初級シスアドよりだいぶ難易度が高く、合格者がそう簡単に手を出せるとはいえませんでした。

現在のようなITパスポート試験になって、総合的には技術者のステップアップがやりやすくなったといえます。試験の合格率だけを見ても初級シスアドより上がっていますし、CBT方式が途中から導入されたため受験回数が増えて(受験場所も、当然増えています)希望者にチャンスが激増しました

このほか、ITパスポート試験には「技術者を目指すと、まだはっきりと決めていない人」をも取り込むという意味で大きな成功を収めています。現在は、ITが社会の重要なインフラとなっているため、技術者を志さない人材にとっても、情報処理技術等は基礎レベルで身に着けておくことが求められます。ITパスポート試験が初級シスアドの代わりに普及したことで、世の中への知識の広がりに大きく貢献したことは間違いないでしょう。