• ITパスポートの試験内容

ITパスポートの試験は、3つの分野から幅広く出題されます。

ITパスポート試験は、ストラテジ(戦略)、マネジメント(管理)、テクノロジ(技術)の3分野から、基礎的な知識が幅広く出題されます。従来の初級システムアドミニストレータ試験、基本情報技術者試験と、基本的な出題範囲は重複しています。

ストラテジ(戦略)系

ストラテジ系では、広くビジネスの視点から、企業と法務、経営戦略、システム戦略などについて学びます。情報化と企業活動に関する分析をおこなうために必要な基礎的な用語・概念などを習得することがこの分野の目的です。
<頻出ポイント>
●企業と法務
重要ワード:知的財産権、PDCA
●経営戦略
重要ワード:SWOT分析、バリューチェーン分析、コアコンピタンス、ベンチマーク、M&Aなど
●システム戦略
重要ワード:モデリング、DFP
<出題範囲の全体>
・企業活動 ・法務 ・経営戦略マネジメント ・技術戦略マネジメント ・ビジネスインダストリ ・システム戦略 ・システム企画・システム技術開発・ソフトウェア開発管理技術

マネジメント(管理)系

マネジメント系では、システム開発やプロジェクトマネジメントのプロセスに関する基礎知識や概念など理解します。またコンピューターやネットワーク、オフィスツールなどを使って、業務環境の整備を考えるための基礎知識も学びます。
<頻出ポイント>
●開発技術
重要ワード:ソフトウェア開発の工程、プロトタイピングモデル、ウオーターフォールモデル
●プロジェクトマネジメント
重要ワード:PMBOK
●サービスマネジメント
重要ワード:ITサービスマネジメント、ITIL
<出題範囲の全体>
・システム技術開発 ・ソフトウェア開発管理技術 ・プロジェクトマネジメント ・サービスマネジメント ・システム監査

テクノロジ(技術)系

ハードウェアからソフトウェアまで、パソコンを利用する時に重要な知識を扱っているのがテクノロジ系です。この分野では、コンピュータの構造や動作の仕組み、またネットワーク、セキュリティ、データベース全般についての幅広い知識が問われます。
<頻出ポイント>
●基礎理論
重要ワード:バイド、2進数
●コンピュータシステム
重要ワード:コンピュータの5大要素、クラインアントサーバーシステム、ディレクトリ
●技術要素
重要ワード:ユーザーインターフェース 、ディジタル署名、ウイルス対策ソフト
●開発技術
重要ワード:ソフトウェア開発の工程、ウオーターフォールモデル、プロトタイピングモデル
●プロジェクトマネジメント
重要ワード:PMBOK
●サービスマネジメント
重要ワード:ITサービスマネジメント、ITIL
<出題範囲の全体> 
・基礎理論 ・アルゴリズムとプログラミング ・コンピュータ構成要素 ・システム構成要素 ・ソフトウェア ・ハードウェア ・ヒューマンインターフェース ・マルチメディア ・データベース ・ネットワーク ・セキュリティ

ITパスポートの試験範囲は広く、ごく一部しか紹介できませんでしたが、ITの勉強を初めて本格的に始める方ですと、このページをご覧になっただけでも、覚えることが無数にあることをご理解いただけたのではないかと思います。

ITパスポートは、難易度は決して高くないとされている試験ですが、試験準備にはほどほどの時間が必要です。その現実をなるべく早く掴んでいただく意味でも、この試験のコアな部分をかい摘まんで紹介してみました。

☆通学校で勉強できない不安を完全解消!→http://www.foresight.jp/it/